合宿免許を最短で取るために知っておきたいポイント

運転免許取得と言うと、時間がかかってなかなか取れないイメージがありますよね。
ですが、合宿免許ならスムーズに免許を取れたという話を聞いたことのある方も多いはず。
そこで、合宿免許を最短で取るためのポイントについてご紹介していきます。

合宿免許は最短何日で取れる?

家から教習所に通い、そこで免許を取得するとなると、平均で2ヶ月から3ヶ月ほど時間がかかってしまいます。では、合宿免許だと最短何日程度で免許を取得することができるのでしょうか。

免許取得までの最短日数


まず免許取得時には、オートマチック車(AT)かマニュアル車(MT)を選択する必要があります。
合宿免許では、AT限定免許だと最短で13泊14日、MTだと最短で15泊16日というのが基本となっています。
ATに比べ、MTの方が操作方法など覚えることは多いため数日だけ合宿日が増えることになります。
この最短日数はあくまでも目安とされているものです。合宿期間中に試験を落としたり、教習が思うように進まなかったりして予定していたよりも日がかかってしまうこともあります。

合宿免許が最短で取れる理由とは


合宿免許だとなぜこんなにも短い期間で取れるのか気になりますよね。
その理由は、しっかりとしたカリキュラムが決められていることと、短期集中して運転方法を覚えられることにあります。

もし教習所に通う形で免許を取得するのであれば、繁忙期などは技能教習の予約がなかなか取れず、苦労することがあります。また、自分の予定と教習所通いとの擦り合わせが上手くいかないと、どんどん日がかかってしまうことになります。
合宿免許であれば、予約が取れないということはなく、定められたカリキュラム通りに学科・技能の教習を受けていけばよいので、スムーズに免許取得をすることができます。

また、通いの場合は前回教習から時間が空いてしまい、せっかく掴みかけていたコツを忘れてしまうといったこともあり得ますが、合宿免許の場合はそういった心配もありません。
体が運転方法を覚えているうちにサクサクと進めていくことができるので、短期間のうちにコツを掴んだまま免許を取得していくことができるのです。

合宿免許の注意点としては、予めカリキュラムが定められているため途中で抜けることができないということです。よほどの事態がない限り合宿免許は最後までやり遂げるのが基本です。
参加の際は、予定の確認をしっかりして急に帰らないといけないことがないように気をつけましょう。

合宿免許を最短で取るポイントとは

合宿免許を取るに当たって、自分は果たして最短で取れるだろうかというのが気になるところですよね。
そこで、合宿免許を最短で取るためのコツをご紹介していきます。

最短で免許を取れる人の特徴


合宿免許を最短で卒業できる人には、ある特徴があります。この特徴を知り、参考にすることで最短卒業への道がぐっと近づきます。

まず、免許取得において何よりも大事なことは休まず真面目に教習を受けるということです。
同年代の仲間たちと合宿という楽しい雰囲気にのまれ勉強を怠ってしまうと、当然ながら合格することは難しくなっていきます。空いた時間に復習をしたり、仲間たちと確認をし合ったりして合宿期間を有効に使える人は合格しやすい人と言えます。

また、合格のためには技術に加え学科の取得をしておくことも欠かせません。
技能は取得したものの、学科試験に受からなかったから合格できないなんてことがないように、宿舎でも教わったことや本免許試験で出題される問題を小まめに勉強しておくことがとても重要になってきます。

これらのことから、最短で合格しやすい人は、休まず真面目に教習に取り組む人であると言えます。つい怠け癖が出やすいという方は、短期間の間だけと心に決めて集中して教習を受けるようにしましょう。

免許取得を最短で済ませるためには


しっかりとカリキュラムが組まれ短期集中できる合宿免許ですが、中には延長になってしまう人が少なからずいるのも事実です。そうならないためには、技能試験・学科試験においてしっかりコツを掴んでおく必要があります。

まず技能試験では、今まで教わってきたことを思い出して冷静に試験を乗り切ることが大切です。
そのためにも、最低限の運転知識はしっかりと身につけ、体に運転方法を覚えさせていくようにしましょう。

学科試験では、問題の90パーセントが正答でないと合格できないという厳しい基準があります。
中にはひっかけや難解な言葉を使った問題もあるため、何回も過去問などを解いて試験問題に慣れておく必要があります。地域別に問題集が分かれていることもあるので、教習所の先生のアドバイスを受けながらしっかり知識を身につけるようにしていきましょう。
まとめ
合宿免許を最短で取るためには、真面目にコツコツと取り組むこと、短期間で体と頭に運転方法を叩き込んでいくことが大切と言えます。最短で取れると甘く見ていると、試験に落ちてしまい延長してしまうことにもなりかねません。スムーズに最短での合格を目指して、しっかり合宿免許に取り組んでいくようにしましょう。

コラム集~免許取得のヒント~